KUROBEST
BLOG

宇奈月子育て支援センターを見学しました!

2019/08/13 イベント

今回は宇奈月子育て支援センターを見学してきました。

課外学習

今回は「新聞紙で遊ぼう」というイベントと近くの中学生の校外学習もあり多くの人がいました。

緊張感がすごい…

中学生たちは部屋に入ってくるなり緊張しているのがすごく伝わってきます。普段接することのないであろう赤ちゃんとお母さん。中学生の緊張もわかる気がします。
そして、お母さんたちが集まってくると先生たちのサポートもあり少しづつ近づきます。ドキドキ…。
子どもたちも普段いない大きなお兄さんお姉さんを目に最初は照れながらもすぐに打ち解けていました。見ていた私もひと安心です。

さてイベントが始まり、まずは体操を行います。中学生たちは少し照れながらも一緒に踊ります。子どもたちはノリノリです。そして、今月お誕生日のお友達のご紹介です。なんと宇奈月子育て支援センターでは子どものお誕生日にオリジナルの記録帳(身長や体重、手形など)がもらえます。親御さんにとっては子どもの成長を感じれる良い思い出になるかと思います。

新聞ビリビリ

そして、ついに新聞紙が登場です。最初に新聞紙のスリッパ作りです。このスリッパはもし有事の際に足を守る簡易用としてのスリッパです。親御さんも先生に聞きながら作っていきます。勉強もできるこうした工作はいいのではないかと思いました。
次に新聞紙を破ります。破りまくります。これでもかというぐらい破ります。もうビリビリです。
そして破った新聞紙を宙に投げます。実はこれが1番と言っていいほど盛り上がりました。もはや狂喜乱舞です。破った新聞を舞い上げる、大人になって忘れてしまった何かがそこにはありました。

破った新聞を袋に入れてヨーヨーを作ります。よく屋台とかで売っているヨーヨーが大きくなったものです。中身が新聞なので当たっても痛くはありませんし、何より片づけ・お掃除も一緒に出来るというまさに一石二鳥です。

ぎこちないけど優しい

中学生の子たちも最後の方には緊張もほぐれて、年の離れた兄弟みたいでした。でも、抱っこはまだまだぎこちなかったです。お父さんになった時にこの時の経験が必ず活きてくるから忘れないでね(^^♪

今回のイベントを通じて中学生の子どもたちには貴重な経験となり、親御さんや子どもたちにとっても普段の先生以外の遊び相手となって良かったのではないかと思いました。

新聞読めるかな?