先輩移住者
インタビュー

東京都から2016年にIターン

美しい立山連峰とおいしい湧き水に惹かれて

大布施/村井康城

ジビエぎょうざ家

村井さん

医療機器製造販売会社の営業で全国を廻っていましたが、美しい立山連峰とおいしい水が湧き出す黒部に惹かれて2016年に東京から移住しました。移住と同時に県内で駆除されたイノシシやシカの肉を使った餃子を販売する“ジビエぎょうざ家”を起業し、家族と一緒に切り盛りしています。
サラリーマン時代は片道45分の満員電車に揺られて通勤し、慌ただしく働く毎日でしたが、今ではゆったり流れる時間の中で、3,000m級の山々を間近に見ながら海釣りをしたり、家族と温泉に入りに行ったり、水、米、魚、野菜など美味しい“食”に満たされながら人生を楽しんでいます。
現在、黒部市にUIJターンしてきた移住経験者と一緒に「黒部のとびら」という移住者ネットワークを作り、みんなで定期的に集まったり、転入者同士の交流会を開催したりしています。黒部に転入した人や移住希望者と地域のつなぎ役となって、黒部の暮らしをより豊かにしてもらえたらいいなあと願っています。